動画のDRMを削除する方法

え?こんな簡単にDRM解除できるの?

「DRMなんて消えてしまえ!」と憤慨していた私ですが、今ではDRMなんて気にしなくなりました。なぜならDRMを削除する方法を知ったからです。このページではこっそりDRM解除ソフトを紹介したいと思います。と、その前にそもそもDRMとは何なのかを説明しないといけないかもしれませんね。DRMとはデジタル商品の著作権を管理する仕組みです。ゲームや動画がコピーされないようにプロテクトがかけられていますよね。それがDRMです。GyaOやShowTime、DMMなどの動画サイトはDRMをかけて配信しています。これらのサイトは再生できる期間に制限がかかっています。例えば3日間だけ視聴する権利を購入した場合、動画をダウンロードしてもDRMがかけられているため、期間を過ぎたら再生不能になるわけです。

私がDRMが嫌いな理由をお分かり頂けたでしょうか。視聴期限の管理だけでなく、変換、転送、コピーといったユーザーがやりたいことをすべて制限されているのです。そこで登場するのがムービーグラバーというDRM削除ツールです。ストリーミング形式ならURLをツールに登録します。ダウンロード形式ならパソコンに保存済みの動画をツールに登録します。あとはムービーグラバーのスタートボタンをクリックすればDRM削除が始まります。最初にこのツールの存在を知ったときは本当に驚きました。教えてくれた友人には今でも感謝しています。DRMを完全に解除してくれるのですから、視聴期限から解放されていつまでも再生できます。当然変換、転送、コピーも思いのままです。スマートフォンやポータプルプレイヤーに転送したり、DVDに焼いてテレビに映すなんてこともできます。

このDRM解除ソフトはWindows XP、Vista、7、8に対応しています。一番ユーザーが多いWindows7、最新OSのWindows8に対応しているのは嬉しいですね。3日しか再生できない動画を購入するなんて損ですよね。ムービーグラバーを使って最小のお金をかけて、永久視聴できる動画を保存できる環境を手に入れることをおすすめします。

せっかくDRMを解除して高画質な動画をパソコンに保存しても、13型のノートパソコンでは勿体無いです。画面が小さくて字幕が読みにくいですし、スペック不足でカクカクする可能性もあります。だからゲーム推奨PCデスクトップがおすすめです。格安なのにハイスペックですからゲーミング用だけでなく動画にも最適ですよ。